読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
CopyRight(c)2017 T.Inui All Right Reserved

早春の午後

 

f:id:iunit:20170317162010j:plain

京都市西京区大原野>

京都市の西山の東面丘陵地にある大原野は、市内よりも日暮れが早くやってくる。その時、だんだんと降りてくる西山の影と午後の光がまだら模様を作る。写真を撮る者にとっては楽しい時間です。

広告を非表示にする

春へと

f:id:iunit:20170308094525j:plain

京都市西京区大原野>

ススキと咲き誇る梅の花が、冬から春にかわろうとする季節を演出してくれていました。

 

広告を非表示にする

一面桃色

f:id:iunit:20170301095738j:plain

京都市西京区大原野>

梅花を捜しながら歩く日々ですが、白、紅、黄、桃とある色のうち、やっぱり綺麗なのは桃色だと思う。

広告を非表示にする

梅花咲く

f:id:iunit:20170219162245j:plain

京都市西京区大原野>

梅の花が咲き始めています、よく陽のあたるところは咲きはじめが早いようです。桜よりも早く咲くのは、桜と同時に比べられたくない梅の戦略だと私は常々思っています。

広告を非表示にする

雪景色

f:id:iunit:20170211081423j:plain

京都府向日市物集女町>

朝、目を覚ますと雪景色、たぶん今冬の最後かなと思い、頑張ってカメラを持って近場を歩いた。写真のできがどうのこうのと言うよりも、青空と樹木に積もった雪がみせる冬の景色は美しかった。

広告を非表示にする

雪の金蔵寺

f:id:iunit:20170207112617j:plain

京都市西京区大原野>

金蔵寺まで登るつもりはなかったのだが、ふもとの里で被写体を探してもパッとしなかったので勢いだけで登りはじめた。お寺についた頃にはご褒美のように降りだした雪をながめ、ひとりで静かな冬を楽しんだ。

広告を非表示にする