CopyRight(c)2017 T.Inui All Right Reserved

寒々

<京都府亀岡市> 寒さ厳しく、朝起きるのにも難渋する日々が続いている、ダウン(羽毛)をまとった水鳥も寒そう。しかし、写真を撮りたいという意欲があることは喜ばしいかぎりである。

冬の緑

<京都府亀岡市> 色のない季節とは言われる真冬、でも苔の緑は目に新鮮に映ります。亀岡盆地特有の朝霧を期待して出かけましたが、今年はなんだか出会いがありません。

冬柿

<京都市西京区大原野> 12月に入ってもたわわに実をつけている柿の木、野鳥に恩恵を与えてはいるようですが、どこまで続くのだろうかとこの冬は追いかけてみようと思っています。

冬隣

<京都市西京区大原野> 紅葉が地上に落ち、だんだんと色をなくしながら土に戻ってゆく季節、弱い光と冷たい影が冬がすぐ隣にきていることを教えています。

終炎

<京都市西京区大原野> 紅葉の時期も終わる頃、ゆく秋を惜しむかのように炎のごとく燃える紅葉に出会いました。これからは色をなくしてゆく季節に入っていきますが、出会いを求めてさまよいます。おもしろい出会いがあればいいのですが・・・・。

秋しっとり

<京都府向日市> 紅葉といえばあざやかな色合いを想像することが多いと思いますが、日陰でみる紅葉もしっとりと逝く秋を感じることができ、なかなか風情があるものです。